投稿

4月, 2016の投稿を表示しています

酒蔵見学も再開いたしました(一部を除く)

イメージ
GW2日目ですね!
何とか見学して頂けるくらいまでは片付けることが出来ましたヽ(=´▽`=)ノ



表側は昨年9月に瓦替えと補強工事を行っていましたので、漆喰が割れる程度で済みました。



通りも片付けましたし



貯蔵庫も割れ瓶等は撤去いたしましたので、ご覧いただくことが出来ます!

ですが、お酒造りの工程や歴史を見ていただける「資料室」だけは、
弊蔵の中でも一番古い場所(寛政4年・1792年建造)になり、
壁が傾いており危険と判断いたしましたので、当分の間閉鎖させていただきますm(_ _)m



まだ片付いていない場所などもありますので、
安全な場所のみご覧いただくという形で本日より酒蔵見学を再開させていただきました。

お客様皆様には普段通りのご案内が出来ずにご不便をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

燕が帰ってきてくれました

イメージ
蔵の中はまだボロボロの状態ですが、燕が帰ってきてくれましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。



しかも巣作りを再開してくれてます!!
姿が見れて少しホッとしました(*´ω`*)
私達も燕さん達を見習って頑張らねば!

熊本地震をみつめて

イメージ
熊本地震をみつめて
4月14日,16日未明と続いた大地震は246年の弊蔵歴史の中でも未曾有の出来事でした。 先祖伝来の蔵が損傷し、瓶詰めラインは半壊し、多くのお酒も亡失しました。
社員一同に人的被害がなく、酒造りも終わっていたことが不幸中の幸いでした。
この危機の中、言い古された言葉ですが「絆」という文字がこれほど身近に思えた日日はありませんでした。 地震発生当初から、メール、電話、facebookのメッセージ、twitterでのコメント、ありとあらゆる媒体を使ってのご心配やお励まし、人の言葉がこれほど有り難く思えたことはありません。 10年ぶり、20年ぶり、30年ぶり、ご縁が薄れかけていた方々からも思いがけないお言葉を頂き涙かこぼれることもしばしばでした。
余震が続いている中、皆様のお支えを励みに通潤は造り酒屋として今後も頑張って参ります。 皆様の温かいご支援、社員一同、山下家先祖を含め一同心から感謝申し上げます。

通潤酒造株式会社 蔵元 山下泰雄

前に進み出しました

イメージ
おはようございます!
今日は朝からお片づけです(^^)
バリバリやりますよ〜!!!!



片付けも随分落ち着いてきましたので、蔵の中の瓦礫撤去をする男性陣と別れて、女性陣が商品の用意を再開してくれてますヽ(=´▽`=)ノ


もちろん入り口付近でいつでも逃げれる体制です!!
どんどん前に進みますよ~(`・ω・´)

蔵と山都町の状況(20160416・16:30)

イメージ
まだまだ余震が続いております。
被災された皆様におきましても、謹んでお見舞い申し上げます。

山都町、通潤酒造より今現在の状況です。

メール、メッセージ、お電話等々沢山のお客様よりご連絡いただいております。
本当に皆様に支えられての今の命があります。
ご返信には少しお時間かかるかもしれませんが、ご了承いただけますと幸いです。

また、今現在ご注文いただいております商品の発送準備も遅れており、大変なご迷惑をお掛けして申し訳ございません。
こちらも状況が落ち着き次第、対応の方進めさせていただければ幸いです。

さて、今現在の蔵の様子ですが、残念ながら度重なる余震により被害が拡大しております。

外観は杉玉の周りの壁が少し落ちた程度で済みました
しかし裏に回ると
漆喰が剥がれている場所だらけ 完全に壁が崩れ中とつながってしまった場所もあります
内部です
水瓶は倒れかけています


<

人は無事です(現在の被害状況)

イメージ
こんばんわ
昨晩より強く長く揺れました

沢山心配のメッセージいただきました
読んでいて涙が出そうになりました
とりいそぎ、現在のご報告だけ。


蔵の入口は無事でしたが

酒は随分こぼれてしまいました。



傾いたタンクや


崩れかけた壁が数か所


瓶詰めレーンも壊れかけています

でも、管理人、社長、数名の蔵人の無事は確認できてます!
避難もしました!

追って書き込みいたします

地震被害、なんとか大丈夫です

イメージ
昨晩は沢山のメッセージありがとうございました。
また、被災された皆様におきましても、謹んでお見舞い申し上げます。

とりいそぎ、まずは蔵の状況ですが、お陰様で蔵人は誰も怪我をしたものはおりませんでした。

そして蔵ですが、今朝出勤してみると、いろんな場所が崩れていました。

蔵の入口


屋根に穴が空いて

崩れている場所



壁の漆喰が崩れてしまった場所





そして売店



試飲用のワイングラスが割れて散乱していました


ただ、お酒に関して一本も割れていませんでした


日頃から酒を入れたケースが倒れないように対策していたおかげで、
貯蔵庫もすべての酒が無事でした



そして多くの方が気になっていると思われる通潤橋も崩れることなく無事です。

(写真提供:道の駅通潤橋)


蔵の真裏にある、妙見さんの湧き水は完全に濁っていました
いつもは透き通った綺麗な水が湧き出ている場所なのですが、こんなの初めてです。


午前中、出勤できた皆で片付けを終え、5月のイベントに向けての商品づくりを再開しました。


すぐに逃げられるように、入り口近くに作業台と酒を移し、作業は進めています。


今現在も強い余震が続いています。
私達も気をつけていきます。
皆様もどうかお気をつけて。

燕が来てくれました

イメージ
今年も燕が来てくれました~ヽ(=´▽`=)ノ
ピチクリピチクリ~♪

ミステリアスな風景

イメージ
何かお昼から凄い霧です!

蔵はミステリアスな雰囲気を醸し出しています(,,゚Д゚)
お近く運転される方はお気をつけて(`・ω・´)ゞ

通潤橋の放水、再開しました!

イメージ
通潤橋の放水、本日より再開ですヽ(=´▽`=)ノ
あぜ道には菜の花が咲き乱れ、いい天気でお客さんも沢山で賑わってました!
水が豊かだから、いい酒も造れます♪
普段当たり前に感じてしまっている、この環境に感謝感謝です(*´ω`*) ちなみに、通潤橋の放水はずっとやっているわけではありません(^_^;)
http://www.town.kumamoto-yamato.lg.jp/map/pub/Detail.aspx… …
こちらから、放水スケジュールを確認して頂けます(∩´∀`)∩ワーイ